Civic Power Battle

全国大会 2020

2020年9月

これからのイベント
2019月12月14日(土)
シビックパワーバトル どまんなか愛知大会(名古屋市)
「春日井市」「半田市」「日進市」が参戦予定。愛知県内では初開催となり、愛知県内の自治体が参加する初の大会となります。バトルのテーマの1つは、製造業が盛んな愛知県において、ウィークポイントとみられる「女性の活躍」を敢えて取り上げました。もう1つのテーマは「住みやすさ」「あそび」「働く」から選択をします。
2019年12月15日(日)

川崎シビックパワーバトル2019(川崎市)

「川崎シビックパワーバトル」は、川崎市を南北の地域チームにわけて、主にオープンデータを活用し、今まで埋もれていたまたは知らなかった「まちの魅力」を発掘し地域の魅力発信を目的としたプレゼン形式で対決するチーム対抗戦のイベント。
会場はJR川崎駅北改札の上(アトレ川崎4階)にあるエントランス広場「コモレビテラス」

2020年1月19日(日)
シビックパワーバトル オープンガバメント推進協議会 2019(千葉市)
大津市、郡山市、武雄市、千葉市、奈良市、日南市、浜松市、福岡市、三重県&桑名市、室蘭市(五十音順)による。
テーマ:「私の好きな○○市」動画による予選、同協議会の公開シンポジウムにて本選を実施。
昨年度に引き続き2度目の開催ですが、予選を行い決勝に進むのは昨年と同じ「千葉市」「奈良市」「浜松市」「室蘭市」。室蘭市のV2となるか、それともそれを阻むことができるかが楽しみです。
「シビックパワーバトル」とは

各自治体では、まちの魅力を発信するためにさまざまな取り組みを行っています。 また、近年では市民がまちを愛する気持ち(シビックプライド)が、まちの継続的な発展には重要だといわれています。

 「シビックパワーバトル」は、主にオープンデータを活用し、今まで埋もれていた、または知らなかったまちの魅力を発掘し、地域の魅力発信を目的としたイベントです。
市民や団体、企業にくわえて行政がバトルのために協力しあう
ことで、あらたな魅力発信の仕組みづくりに繋げていきます。

2017年9月23日にヤフー本社のLODGEで、第1回シビックパワーバトルが開催され、流山市、さいたま市、横浜市、千葉市、川崎市(参戦順)が「遊ぶ」「働く」「住む」というテーマで、バトルが繰り広げられました。

※バトル形式でのプレゼンは流山市の広報官により企画されました。

「シビックパワーアライアンス実行委員会」とは
シビックパワアライアンス実行委員会は、シビックパワーバトルを全国に広げ、円滑な運営の支援、クオリティ確保、ブランディングを推進します。
シビックパワーバトルには、3つのこだわりがあります。
(1)合同シティプロモーション
(2)プロモーション内容はオープンデータなどで説明ができる
(3)市民、団体、企業、行政の協働の場とする。
これらのこだわりが一つでも欠けると目的を達成することができないと考えています。
またシビックパワーバトルは当日だけでなく、運営組織(実行委員会)の設立やそれぞれのチーム作り、またプレゼン資料の準備などが必要です。これらは数ヶ月に渡る大きなワークショップを実施しているように思われ、そして各地域の魅力を発信し参加者には地域に対して愛着を感じプライドが醸成されることを目的としています。
シビックパワーアライアンス実行委員会は、シビックパワーバトルの運営を側面からサポートしイベントを成功に導くお手伝いをいたします。
シビックパワーアライアンス実行委員会は、第1回シビックパワーバトルの事務局を務めたメンバーを中心に構成していますが、シビックパワーバトルの主旨を理解し同意してくださる方にはメンバーになっていただきたいと考えています。
シビックテックフォーラム2018
CPA実行委員会代表(河尻)による、シビックパワーバトル全般のライトニングトーク
市民版EBPM(証拠に基づく政策立案)とも言える取組の紹介 - 川崎シビックパワーバトル
シビックテックフォーラム2019

街の魅力を見つけテーマにあわせてデータを分析してプレゼン資料を作成するまでの手法を紹介。

資料

「川崎シビックパワーバトル」身近に感じて考えるオープンデータの利活用の方法についてチャレンジをしてます。

資料

過去のイベント
2017年9月23日(土)
第1回シビックパワーバトル@Yahoo! LODGE(東京)
流山市、横浜市、さいたま市、千葉市、川崎市による。
テーマは「遊ぶ」「働く」「住む」
2018年3月3日(土)
シビックパワーバトル千葉市6区対抗戦 in IODD2018
2つのテーマでバトル。各区共通のテーマとして「住む」。
そして2つ目は、各区自由に選択するテーマとして「働く」「遊ぶ」「学ぶ」「育てる」「老いる」。
緑区が優勝。
2018年8月25日(土)
シビックパワーバトル大坂夏の陣@大阪グランフロントオフィス(大阪市)
尼崎市、生駒市、京都市左京区、神戸市、枚方市(五十音順)による。
共通テーマ:「暮らす」 選択テーマ:「かがやく」「つがなる」「おもろい」
プロフェッショナル審査員賞:生駒市、一般審査員賞:枚方市
2018年10月26日(金)
シビックパワーバトル オープンガバメント推進協議会 2018(浜松市)
大津市、郡山市、武雄市、千葉市、奈良市、日南市、浜松市、福岡市、三重県、室蘭市(五十音順)による。
テーマ:「住む」動画による予選、同協議会の公開シンポジウムにて本選を実施。
千葉市、奈良市、室蘭市が予選を勝ち抜き、地元でシード権のある浜松市の4市による決勝。
最優秀賞は室蘭市、オーディエンス賞が浜松市、CPA賞が千葉市、協議会賞が奈良市が、それぞれ受賞。
2019年2月2日(土)

川崎シビックパワーバトル2018(川崎市)

「川崎シビックパワーバトル」は、川崎市を南北の地域チームにわけて、主にオープンデータを活用し、今まで埋もれていたまたは知らなかった「まちの魅力」を発掘し地域の魅力発信を目的としたプレゼン形式で対決するチーム対抗戦のイベント(各チーム毎に5分/回のプレゼンを3回、合計6回の発表)。
会場はJR川崎駅北改札の上(アトレ川崎4階)にあるエントランス広場「コモレビテラス」

SNS
受賞歴
2017年ふるさと名品オブ・ザ・イヤー
IT x 地方創生部門 <銀賞>「シビックパワーバトル」
(流山市、さいたま市、横浜市、千葉市、川崎市)
全国の地方自治体では様々な課題を抱えています。それら地域課題を解決するため、Yahoo! JAPANが提供するサービスや取り組みを活用した地方自治体の地方創生に関わる活動(プロジェクト)を募集します。ICTを効果的に活用しながら地域をUPDATEしている活動を、IT x 地方創生部門として表彰します。
一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)
2017年度 勝手表彰 融合研究所賞
(シビックパワーバトル実行委員会)
市民がまちを愛する気持ち(シビックプライド)といった着眼点を上手く活用した新たなイベントである。イベント参加者のみならず、プロモーションを行う側もシビックプライドが更に形成されるなど、他自治体も学べることが多い事例である。
資料ダウンロード
シビックパワーバトルの詳細説明:それぞれの地域で開催したい場合はこちらをお読みください。
お問い合わせフォーム

©2019 CPA実行委員会

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon