シビックパワーバトル

オープンガバメント推進協議会
2018

大津市、郡山市、武雄市、千葉市、奈良市、
日南市、浜松市、福岡市、三重県、室蘭市

(五十音順)

決勝(58分37秒)

オープンガバメント推進協議会は、ICTの進展と国や産業経済界の動向を踏まえ、企業・大学・行政が連携し、「マイナンバー制度の利活用の推進」や「ビッグデータ・オープンデータの具体的活用策の検討及び活用推進」に資する取組みを行い、「行政の効率性及び透明性の向上」「市民サービスの向上及び市民主体のまちづくりの促進」「産業の発展」に寄与し、市民・市内事業者にとって利便性の高い公平・公正な社会の実現に資することを目的に、平成25年4月1日から活動している団体である。

 

平成30年においては、当協議会に参加する自治体が「シビックパワーバトル」を行うことにした。

シビックパワーバトル」は、まちの魅力を発信するために、オープンデータなどを利活用し、今まで埋もれていた、または知らなかったまちの魅力を発掘し、お互いの自治体が切磋琢磨を行うしくみである。

■イベント名
  「シビックパワーバトル オープンガバメント推進協議会 2018」

■日時
   平成30年10月26日(金) 同協議会公開シンポジウム内のイベントとして行われます。

 

 ■場所
   グランドホテル浜松(浜松市)

■イベント概要
   各自治体がオープンデータなどを用いて自ら住むまちの魅力をプレゼンで競い、まちの魅力をPRする。
   予選:10県市ごとにPR動画を撮影して投票にて選出する。
   本選:公開シンポジウムにて4団体が決勝を行う。

■ルール

・テーマ:「住む」 

・PR時間:
  予選3分
  本選5分+質問30秒、回答1分30秒(計7分)

・職員または市民などでチームを編成

■スケジュール

 8月 :各自治体でワークショップ開始
   9月 :
予選(PR動画の審査)
 10月 :本選の準備(公開シンポジウム)

■予選

   予選の結果はこちら(千葉市、奈良市、浜松市(シード)、室蘭市が決勝へ)

■決勝(結果)

    最優秀賞:室蘭市

    オーディエンス賞:浜松市

    CPA賞:千葉市

    協議会賞:奈良市 

 

オープンガバメント推進協議会 公式Facebook

©オープンガバメント推進協会 & CPA実行委員会