「シビックパワーバトル」とは

  各自治体では、まちの魅力を発信するためにさまざまな取り組みを行っています。 また、近年では市民がまちを愛する気持ち(シビックプライド)が、まちの継続的な発展には重要だといわれています。

 「シビックパワーバトル」は、主にオープンデータを活用し今まで埋もれていた、または知らなかったまちの魅力を発掘し、地域の魅力発信を目的としたイベントです。
市民や団体、企業にくわえて行政がバトルのために協力しあう※ことで、あらたな魅力発信の仕組みづくりに繋げていきます。

  大会ではバトル形式のため優劣を決めますが、勝敗よりも重要なことは客観的なデータを使った説明を重視することで感覚的に感じているることを第三者(観客にも納得してもらえ、さらに参加者がこのイベントを通じて自分たちの「まち」のあらたな魅力に気づくことです。

詳しくはこちら

場所

ヤフー名古屋オフィス

 

JRセントラルタワーズ タワーズオフィス50階

日時

2019.12/14(土)

13:00~17:00

テーマ

- 共通テーマ -

「女性の活躍」


- 選択テーマ -

「住みやすさ」

「あそび」

「働く」

主催

シビックパワーバトル

どまんなか東海2019

実行委員会

協賛

ヤフー株式会社

後援

調整中

◇ 参加団体

 春日井市、日進市、半田市

◇ 協力

 JAあいち尾東, ソフトバンク(株), パナソニックエコシステムズ(株), マスプロ電工(株),

シビックパワーアライアンス実行委員会

◇ 今大会の見どころ

  「シビックパワーバトル どまんなか愛知大会」は、愛知県内では初開催となり、愛知県内の自治体が参加する初の大会となります。
 今回のバトルのテーマの1つは、製造業が盛んな愛知県において、ウィークポイントとみられる
「女性の活躍」を敢えて取り上げました。各「まち」がどのような説明をするか、興味をひくところとなります。

◇ 発表時間

    1テーマあたり発表5分、バトル2分

◇ 司会(敬称略)

    宮本 忠博

(春日井市 広報大使)

◇ 審査員(敬称略)

  ★ 向 直人

  (椙山女学園大学 准教授)

  ★ 宮澤 祐子

  (愛知県・県民文化局 女性の活躍促進監)

  ★ 土屋 俊博

  (シビックパワーアライアンス実行委員会)

  ★ 仲村 あゆみ

  (ヤフー株式会社マーケティング戦略部

  ★ 兵藤 安昭

  (ヤフー株式会社データコラボレーション部)

  ★ 能澤 愛実

  (金城学院大学・学生)

◆ 観戦方法
 【会場で観戦
 観戦は無料ですが事前申し込みが必要です。以下のフォームにてお申込みください。
 https://forms.gle/Yi6mF63DtjgEqwnE8
   
 【インターネットで観戦】
 当日はYouTubeにてライブ配信する予定です。
 準備ができ次第、こちらでURLを掲載いたします。しばらくお待ちください。
イベントに対するお問い合わせ(どまんなか愛知大会 実行委員会あて)

©2019 Civic Power Alliance実行委員会

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon